エイジングケアは美容液で劇的に変わる|綺麗になれる魔法

女の人

ビタミンcの肌への届け方

婦人

選び方と使い方

ビタミンcは、美白や抗酸化、またはアンチエイジングなど様々な効果がありますが、成分としてはきわめて不安定であるため、化粧品にはビタミンc誘導体として配合されており、体内の酵素の力を得て初めて美白、あるいは抗酸化といった効果を発揮するようになります。ただし皮脂抑制効果も持ち合わせていますので、乾燥肌の人は乾燥がひどくなることもあります。そのような場合は、保湿アイテムを併用しましょう。また、特にビタミンc誘導体入りの化粧水を選ぶ場合は、他に配合されている成分もチェックしましょう。たとえば抗酸化成分としてはビタミンE、メラニン生成を抑えるにはアルブチンなど、目的によって違う成分が入っています。自分のなりたい肌に合う成分が配合されている化粧水を選びましょう。

誘導体各々の種類と役割

ビタミンc誘導体には大きく分けて3つの種類があります。まず水溶性のもので、化粧水や美容液に使われます。表示成分としてはリン酸アスコルビルマグネシウム、またはリン酸アスコルビルナトリウムです。そして油溶性のものがあり、こちらはクリームなどに配合されていて、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、略してVCIPと呼ばれます。そして、この2つの両方の性質を兼ね備えたものがあり、これは特にAPPSと呼ばれていて、ビタミンc誘導体の中でも最も効果の高いものです。この成分は浸透力が高く、また真皮層でコラーゲンの生成にも働きかけますので、アンチエイジング作用もあります。ただ安定性にやや欠けるので、APPS配合の化粧水やクリームは、冷蔵庫での保管がお勧めです。